文部科学省科学研究費補助金 新学術領域申請中 ヤポネシア人の総合的研究 Integrated Study of Yaponeshian

研究内容

日本人の起源とその発展の歴史は、言うまでもなくわれわれ自身のアイデンティティーにとって非常に重要な問題である。それだけではなく、日本列島への人類の最初の移住経路やその後の渡来人との混血の歴史は、東アジアの島嶼地域への初期人類の移住という、世界的に見ても人類学的に非常に興味深い例として知られている。このような新人の歴史を明らかにするため、これまで人類学や考古学の研究が多数おこなわれてきたが、近年急速に発達したゲノム解析技術により、これまでにない「革命」ともいえる規模で、日本人の起源について研究することが可能となってきた。これらの技術発展は、従来の日本人起源論を塗りかえ、さらに詳細な歴史を明らかにしていくことが期待される。また、近年のゲノム配列解析により現代と古代の日本人における遺伝的な多様性が明らかにされつつあり、その複雑な形成過程は、単純に「日本人の起源」という言葉では片づけられないと考えられる。したがって、本研究領域では「日本人」という呼称のかわりに,歴史的に日本列島に居住していた人類集団という視点から「ヤポネシア人」(島尾敏雄が1960年代に提唱した)の歴史を明らかにし、これまでにない新しい視点からヤポネシア人像を明らかにすることを目標としている。